宮司のブログ

こんにちは。日吉神社の宮司を務める三輪隆裕です。今回、ホームページのリニューアルに伴い、私のページを新設してもらうことになりました。若い頃から、各所に原稿を発表したり、講演を行ったりしていますので、コンテンツは沢山あります。その中から、面白そうなものを少しずつ発表していこうと思います。ご意見などございましたら、ご遠慮なくお寄せください。

経済における公正

2013年4月24日   投稿者:宮司

以下は、IARF世界大会の分科会のために作られた英文のもととなったものです。1999年のバンクーバー大会の折の発表ではなかったかと思います。マルクス思想は遺物となりましたが、貨幣物神論のみは、今でも説得力があると思います。(2013)

 経済における公正

人類は、その発生の当初においては、必要なものを自分自身の手によって調達していた。自給自足経済である。しかし、歴史の進展とともに、生産過程は多くの異 続きを読む

経済


日本と中国の近代化

2013年3月20日   投稿者:宮司

以下は、2006年の8月に中国で行った講演です。地方の政府官僚や、財界人に聞いていただきました。現在、日中関係は悪化の一途をたどっているように見えますが、大きな視野に立って、軋轢を解消したいものです。

日本と中国の近代化

今日は、中国と日本の近代化の問題を中心にお話をします。

続きを読む

中国論


大東亜共栄圏の今昔

2013年3月20日   投稿者:宮司

以下は、2005年、東アジア共同体の議論が盛んなときに書いたものです。発表の機会はありませんでした。現在、TPPの問題が取りざたされていますが、以下の主張とは異なった、アメリカ主導のものになるようですね。

 大東亜共栄圏の今昔

明治維新は、尊王攘夷から尊王開国へと変化した。国の近代化が、欧米列強に対する抵抗のためには必須と理解されたからである。鹿鳴館もキリスト教の解禁も一夫一婦制の採用すらも、近代化のための技術や法制度を学び、富国強兵の国家を作るための方便であった。臥薪嘗胆、和魂洋才はそのころの合い言葉であったはずだ。

続きを読む

中国論