宮司のブログ

こんにちは。日吉神社の宮司を務める三輪隆裕です。今回、ホームページのリニューアルに伴い、私のページを新設してもらうことになりました。若い頃から、各所に原稿を発表したり、講演を行ったりしていますので、コンテンツは沢山あります。その中から、面白そうなものを少しずつ発表していこうと思います。ご意見などございましたら、ご遠慮なくお寄せください。

中国の未来

2013年3月19日   投稿者:宮司

以下は、愛知県の神社関係の機関誌に2002年に投稿したものです。当時予想したように、中国の経済は、500兆円を超えました。果たして、今後はどのように推移するのでしょうか? また、日本は、アベノミクスで、公共投資に再び向かおうとしていますが、果たして借金は返せるのでしょうか?

 <日本と中国>

最近、中国へ行く機会を得て、数年振りに上海の地を踏んだ。東京を遥かに超える人口、林立する摩天楼の如き高層ビル群、整備された高速道路網を見ていると、経済浮揚という空域への中国の離陸を実感した。

 一方、日本では、その空域からの軟着陸が模索されている。

続きを読む

中国論


我国を越えて

2013年1月26日   投稿者:宮司

以下は、愛知県神社庁の機関誌「宮柱」の巻頭言の一つです。平成18年に書きました。

 当時話題となった、地球温暖化の問題を、日本人の意識構造とからめて、解説しています。この問題は、現在もなお、人類にとって、解決を要する喫緊の課題です。

 「我国」を越えて

古来、神社人は「和」を大切にし、「我」を強調する西洋とは一線を画して来た。「我」のぶつかり合いを前提として、人々の共存をルールによって確立しようとする啓蒙的民主主義の対極としてのアジア的民主主義の思想である。しかし、国家間の問題となると、「我」が出てくる。「我国の食料自給 続きを読む

世界


天皇の聖と俗

2013年1月26日   投稿者:宮司

以下は、平成18年に書きました。天皇の女系と男系の問題を論議する神社界を批判したものです。私は、このような皇室の事柄は、皇室にご判断をお任せすべきと考えています。

 天皇の「聖」と「俗」

—神社界の主張に見る宗教への変化

 少子化と男女平等という現代の日本社会の傾向は皇室にも及び、一昨年より皇室典範の改正が論じられていた。すなわち天皇継承順位を男系男子に限らず、男女を問わず第一子優先と変えて行こうとする動きである。現在、皇室ご一家に男子誕生の可能性が出たため、政府内においてはその論議は中断して 続きを読む

日本